HANA育児

超活発な1歳男児の子育てと専業主婦の日常、これまでの振り返り

出産振り返り④~陣痛促進剤~

出産振り返りのつづきです。

 

予定日翌日の朝。

子宮口7cm、3~4分間隔の陣痛のまま数時間変わらず、

10時から陣痛促進剤を点滴することが決定。

 

点滴を打ち始めて、割と早い段階で

陣痛が強まってきました。

 

それまでは腰が「ズンズン」と強く痺れる感じで

呼吸のコントロールでなんとか耐えられたけど、

明らかに物理的に抑えられない何かが!

呼吸だけではもうどうにもなりません。

 

 

陣痛が強まっている私と対照的に、

朝4時に呼び出された旦那は若干ウトウト。

手伝って!と呼ぶ余裕もなく

正座の状態で、自分のカカトでおしりを押さえます。

 

陣痛促進剤を打ち始めて30分ほど経つと

助産師さんが登場。

「四つん這いで腰を左右にユラユラ振ってみて!」

えええーーーー無理だよーーーー

 

でも自分の力で、もう一段強い陣痛を付けないとだめとのことで

頑張ってユラユラ

 

するとこれが超効く!!!

もう出そうーー!!

 

内側からのものすごい力に焦る私

旦那は完全に目が覚めてテニスボールでおしりを押してくれる

後で聞くと相当な力で押してくれてたらしいけど

感覚的には全然足りなかったよ…

そう、これが噂のいきみ逃し!!

 

出産だけで考えるとここが一番きつかったな~

 

 

そんな感じで11時まで頑張ると、

もう出そうな感じが限界に。

助産師さんを呼ぶと、

内診で破水!したらしい。

(破水の感覚なんかわかりません)

 

まだ子宮口は8cmだけど

破水したら早いらしく、分娩室に移動することに。

よっしゃ!!

 

そして陣痛のわずかな合間に、20m先の分娩室へ

必死でよく覚えていないけど助産師さんに支えられながら

自力で歩いたよ~

 

分娩台にあがり、いよいよ対面が近づいてきました!

 

⑤に続きます。

1歳7か月・5月(初夏)の生活リズム

こんにちは、HANAです。

 

 

これから「生活リズム」のカテゴリーで

月齢や季節ごとの1日の過ごし方を記録していこうと思います。

あとから思い出そうとしても全然覚えてないんだよね~。

 

さて、1歳7か月・5月の生活リズムです。

 

7時      起床

7時半~8時  朝食

8時~9時   テレビ(私は家事と出かける準備中)

9時半頃    出かける(公園or支援センター)

11時半頃   帰宅、昼食

12時~13時 室内遊び

13時~15時 昼寝

15時半    おやつ

16時~17時 散歩兼買い物

17時~18時 テレビ(私は夕飯作り)

18時     夕食

19時     お風呂→歯磨き

20時~    絵本・パズルなど

21時までに布団に入り、就寝

 

ざっとこんな感じです。

 

食事の時間はほぼほぼ固定。

おやつが昼寝に合わせて30分程度前後することはあります。

 

午前中は基本的に外遊び。

公園、保育園の園庭開放などを

1時間以上をめやすに。

雨の日や、雨の翌日で地面がぐちゃぐちゃな時は

支援センターや図書館に行ったりします。

(支援センターに行く日は弁当持参で13時前後まで滞在)

 

最近は日が長く、暖かくなってきたので

夕方にもう一度外へ出てます。

買い物ついでに少し公園に寄ったりしてお散歩。

これをしないとごはんまで持たない…。

 

本当は夜は20時くらいには寝かせたいんだけど

お風呂後が一日で一番テンションが高い息子。

 

お気に入りのパズルしたり、

キャーキャー言いながら布団ローリング、

ふすまガラガラ開け閉め遊び、

しまったオモチャ全部出す。

全然寝る感じにならず、結局良くて21時に寝れるかどうかって感じです。

 

 

寝るのは少し遅いけど、私的にはラクなリズムだな~と思っています。

もう少し朝が早いと全部前倒しで厳しくなるんだろうな。

主人が家を出るのが8時なので、あまり朝早く起きなくていいんです。

 

お友達は旦那さんが7時に家を出るらしいんだけど、

その時に一緒に子供がお出かけをしたがるんだと…。ぞっとします。

 

このリズムが真夏に向けてどうなっていくのか??

午前中のお外遊びが困難になると

どうなってしまうのか…??

気が重いです。

ずっと春ならいいのになあ。

出産振り返り③~深夜から本陣痛、やや回旋異常~

予定日当日、入院した朝からずっと微弱陣痛が続いていましたが、

翌深夜1時頃に陣痛が強まってきました。

 

間隔は3~4分、子宮口は7cm。

※陣痛間隔はアプリを活用。

タップするだけで自動計算してくれてラクでした。

検索するとたくさんヒットします

 

陣痛の強さは「ジンジン」というよりも「ズンズン」という感じ。

腰が重ーーい生理痛のような、痺れるような。

事前に教わっていた通り、深く長く息を吐いてしのぐ。

(吐くほうだけ意識すると自然と吸えます)

 

姿勢は、横になっているとつらいので

ベッドに座って片手をついて、もう片方の手で腰をさすってました。

 

その状態の中、深夜なので当然眠くもなってきます。

 

陣痛の合間、痛くない数分の間にちょっと寝て、

陣痛が来たらまた起きて…の繰り返し。

夕方にのんきにクライマックスシリーズ見てるくらいなら

少し寝とけばよかった!!

 

 

深夜4時頃、

そろそろ自分自身で腰をさするのが辛くなってきて

旦那を召喚しました。

 

同じころ、助産師さん登場

子宮口7cmからなかなか進まないのでエコーをすると…

 

赤ちゃんが大きい&やや回旋異常ぎみのため

陣痛がなかなか強まらない

 

ということが判明。

頭の向きがちょっと曲がってたんですね~

 

 

もっと陣痛が強まらないと赤ちゃんは出てこない、

このままだとしんどいよね。

朝から促進剤になると思います

助産師さん。

正直ほっとしました。

 

そして朝7時の内診でも子宮口7cmで変わらなかったため、

陣痛促進剤の書類にサイン。

10時から投与することが決まりました!!

 

④に続きます。

 

出産振り返り②~予定日当日、出血と陣痛開始~

こんにちは、HANAです。

 

前回のフライング入院(振り返り①参照)から1日空き、予定日当日。

その日は土曜日で、旦那は休みでした。

 

朝6時すぎ。

早めに目が覚めてトイレに行くと出血(鮮血)が!

 

と同時に、腰のあたりがジンジンと響くような感じで痛みます。

間隔を計ってみると6~7分くらい。

これは来たでしょ!!と満を持して産院に電話し、主人の運転で向かいました。

 

病院に到着し、すぐに内診。

子宮口はまだ3cmでした。

 

ちなみに部屋は、

個室が6室、2人部屋が2室の合計10名が入院できる産院に

既に8人入院していたため、2人部屋に通されました。

陣痛室とかはなく、陣痛から分娩室に移るまで、そして産後~退院までを過ごすとのこと。

個室へは空き次第、かつ出産した順にスライドするとのことでした。

最初から個室入りたかったなあ~~

 

痛みの方は、5分間隔で腰が「ジンジン」という感じ。

ほかの言葉で表現すると生理痛を強くした感じです。

 

まずは痛みが弱いうちに、頼まれていた赤富士を3枚書くことに。

赤い色鉛筆で富士山の絵を書き、「子宝」という文字を入れます。

余裕があったので、1枚15分くらいかけて超写実的な富士山を書きました(笑)

 

お昼になると立派なごはんが出てテンションが上がりつつ、

なかなか間隔も痛みも変わらないなあ~

むしろ痛くないなあ~と思いつつ、

気づけば夕方に。

 

そのころになると間隔は5~15分

すっかり微弱陣痛になっていました。

助産師さんも「弱いね~今日は産まれないかもね~」との判断。

 

富士山に集中しすぎてしまったのとか、

やっときた、ちゃんと入院できた、という小さな達成感があったのも原因かも… 

 

夜にはプロ野球クライマックスシリーズをやってて

余裕~で見れてました。

主人はその日、同じ社宅の友達と飲み会の予定があり、

お店も病院のすぐそこだったので

お酒は飲まないという約束で行ってもらいました。

 

21時頃には2人部屋の隣のベッドに妊婦さんが!

焦る私。

出産抜かされたら個室に行く順番が逆転してしまうーー!

 

その後、日付が変わるころまで

ダラダラと微弱陣痛は続きました…

 

③に続く

出産振り返り①~39週5日、フライング入院~

育児日記なので、手始めに私の出産から振り返ってみます。

 

予定日を2日後に控えた39週5日。

当時は夫の帰りを待って一緒に食事していたので、19時頃に夕飯を作っていました。

 

その日のメニューはカレー。

臨月でいっぱい食べられるようになり(胃の圧迫にはだいぶ苦しめられました、妊娠経過については後日書きます)

久しぶりのカレーに心躍らせながら、ルーを入れようとした時。

 

ジョッッ!!

 

…なんか出た。

 

 

慌ててトイレへ駆け込む。

まさかの破水!?

でも尿漏れかもしれない…本当にわかりませんでした。

 

動転しながら病院に電話すると、「破水かもしれないので来院してください」とのこと。

 

出産予定の病院は徒歩5分程度。

出かける前にとりあえずカレーにルーを投入し(重要)、少し煮込んでから出発しました。

 

 

20時頃。

病院につき、エコーや内診、破水してるかの検査をしてもらう。

結果、やはり尿漏れでした。

そうだよね、だって無臭だったもん。(羊水は独特の匂いがするらしい)

先生ごめんなさーい!

 

 

その後NST(おなかの張りを計測する機械)を付け、

拍子抜けだなー、でも一旦帰れる、カレー食べたい、おなかすいた、とかいろいろ考えていると、助産師さん登場。

 

「ごめんねー、先生の判断で、念のため入院しましょう」

 

えー! なぜ!

破水じゃなかったんですよね?

 

「おなかの張りもほどほどにあるし、予定日間近で夜に一度来てもらった人は基本的にそのまま泊まってもらってるのよ~。何があるかわからないから」

 

確かに予定日2日前だし、その夜陣痛が始まってもおかしくはないです。

ちょっと納得いかないけど一泊することになりました。

 

助産師さんに夕飯がまだのことを説明し、病院から徒歩1分のコンビニに行かせてもらいおにぎりを買い出し。

カレーだったのに…悔やまれる…

 

 

 

尿漏れしてしまった自分を呪いながら眠りにつき、

いつもと変わらず目を覚まし、

先生の診察でOKをもらって退院しました。

 

お会計、¥15000でした。泣

 

②に続きます。

 

 

こそだての記録はじめます

こんにちは、HANAです。

 

息子の成長とともに、気持ちにも時間にも余裕が出てきました。

 

振り返ると、行き当たりばったりながらも精一杯奮闘した1年半。

 

「とにかく大変だった」という漠然とした記憶はあるけれど、

息子をどう育てて、どう工夫して、どう感じて、、という記録が形として残っていないことに気が付きました。

 

これまでの育児の記録を、記憶が残っているうちに書き留めておきたい。

今後の息子の成長をしっかりと残したい。

そしてこれから子供を迎えるお母さん・お父さんに

些細でも役に立つ情報があれば共有したい!という老婆心もあり

ブログをはじめます。