HANA育児

超活発な1歳男児の子育てと専業主婦の日常、これまでの振り返り

出産振り返り①~39週5日、フライング入院~

育児日記なので、手始めに私の出産から振り返ってみます。

 

予定日を2日後に控えた39週5日。

当時は夫の帰りを待って一緒に食事していたので、19時頃に夕飯を作っていました。

 

その日のメニューはカレー。

臨月でいっぱい食べられるようになり(胃の圧迫にはだいぶ苦しめられました、妊娠経過については後日書きます)

久しぶりのカレーに心躍らせながら、ルーを入れようとした時。

 

ジョッッ!!

 

…なんか出た。

 

 

慌ててトイレへ駆け込む。

まさかの破水!?

でも尿漏れかもしれない…本当にわかりませんでした。

 

動転しながら病院に電話すると、「破水かもしれないので来院してください」とのこと。

 

出産予定の病院は徒歩5分程度。

出かける前にとりあえずカレーにルーを投入し(重要)、少し煮込んでから出発しました。

 

 

20時頃。

病院につき、エコーや内診、破水してるかの検査をしてもらう。

結果、やはり尿漏れでした。

そうだよね、だって無臭だったもん。(羊水は独特の匂いがするらしい)

先生ごめんなさーい!

 

 

その後NST(おなかの張りを計測する機械)を付け、

拍子抜けだなー、でも一旦帰れる、カレー食べたい、おなかすいた、とかいろいろ考えていると、助産師さん登場。

 

「ごめんねー、先生の判断で、念のため入院しましょう」

 

えー! なぜ!

破水じゃなかったんですよね?

 

「おなかの張りもほどほどにあるし、予定日間近で夜に一度来てもらった人は基本的にそのまま泊まってもらってるのよ~。何があるかわからないから」

 

確かに予定日2日前だし、その夜陣痛が始まってもおかしくはないです。

ちょっと納得いかないけど一泊することになりました。

 

助産師さんに夕飯がまだのことを説明し、病院から徒歩1分のコンビニに行かせてもらいおにぎりを買い出し。

カレーだったのに…悔やまれる…

 

 

 

尿漏れしてしまった自分を呪いながら眠りにつき、

いつもと変わらず目を覚まし、

先生の診察でOKをもらって退院しました。

 

お会計、¥15000でした。泣

 

②に続きます。