HANA育児

超活発な1歳男児の子育てと専業主婦の日常、これまでの振り返り

出産振り返り④~陣痛促進剤~

出産振り返りのつづきです。

 

予定日翌日の朝。

子宮口7cm、3~4分間隔の陣痛のまま数時間変わらず、

10時から陣痛促進剤を点滴することが決定。

 

点滴を打ち始めて、割と早い段階で

陣痛が強まってきました。

 

それまでは腰が「ズンズン」と強く痺れる感じで

呼吸のコントロールでなんとか耐えられたけど、

明らかに物理的に抑えられない何かが!

呼吸だけではもうどうにもなりません。

 

 

陣痛が強まっている私と対照的に、

朝4時に呼び出された旦那は若干ウトウト。

手伝って!と呼ぶ余裕もなく

正座の状態で、自分のカカトでおしりを押さえます。

 

陣痛促進剤を打ち始めて30分ほど経つと

助産師さんが登場。

「四つん這いで腰を左右にユラユラ振ってみて!」

えええーーーー無理だよーーーー

 

でも自分の力で、もう一段強い陣痛を付けないとだめとのことで

頑張ってユラユラ

 

するとこれが超効く!!!

もう出そうーー!!

 

内側からのものすごい力に焦る私

旦那は完全に目が覚めてテニスボールでおしりを押してくれる

後で聞くと相当な力で押してくれてたらしいけど

感覚的には全然足りなかったよ…

そう、これが噂のいきみ逃し!!

 

出産だけで考えるとここが一番きつかったな~

 

 

そんな感じで11時まで頑張ると、

もう出そうな感じが限界に。

助産師さんを呼ぶと、

内診で破水!したらしい。

(破水の感覚なんかわかりません)

 

まだ子宮口は8cmだけど

破水したら早いらしく、分娩室に移動することに。

よっしゃ!!

 

そして陣痛のわずかな合間に、20m先の分娩室へ

必死でよく覚えていないけど助産師さんに支えられながら

自力で歩いたよ~

 

分娩台にあがり、いよいよ対面が近づいてきました!

 

⑤に続きます。