HANA育児

超活発な1歳男児の子育てと専業主婦の日常、これまでの振り返り

出産振り返り⑤~分娩室へ移動、ついに出産~

出産振り返りの続きです。

 

 

11時頃。

子宮口8cmの状態で破水してすぐ

分娩室に移動しました。

 

8cmてことは全開大までもう少し頑張らないといけないのかな?

とうっすら思っていたけど、

分娩台にあがって改めて助産師が確認すると

全開大だからいきんでいいよ!

とのこと。

破水すると本当に急ピッチでお産が進む~!

 

 

私は長袖パジャマ(産院の指定だった)を着ていたこともあり

暑くなってしまい、かなり呼吸が荒くなっていました。

 

その様子(とNSTのモニター?)を見て、別の助産師が

酸素マスクを装着。

「赤ちゃん少し苦しいかも」

と言ってた気がします。

 

 

 

陣痛が来ると、おへそを見ながらいきみます。

汚い話だけど、便秘の時に

超かたーーい便を出す感じとまったく一緒。

最初は何の手ごたえもなし。

 

1回あたり2~3呼吸くらいいきんだら

陣痛の波が去るので、一旦呼吸を整えます。

 

陣痛が来ていない間は、

朝からずっと内診してくれてた主担当の助産師Yさんが

がっつり手を突っ込んで、産道をかき分けるように

押し広げてくれてました。

(後で書きますが、この処置のおかげで産後とっってもラクだった)

 

 

旦那は私の頭側の横に立ち

持参していたうちわで風を送る担当に。

陣痛の暑さ&酸素マスクでかなり口元が蒸してたので

このうちわはかなり助かりました。

どの季節でもうちわを持っていくことをおすすめします。

 

 

陣痛の波が3回くらい来た頃

院長先生登場。

土曜の午前中なので外来診察もやってる時間でしたね。

 

しばらくして

会陰切開するね~と言われ、

まず麻酔を打たれる。

麻酔の痛みはほとんど感じませんでした。

もちろん切った感覚は全くわかりません。

 

そして、陣痛の波が7回ほど来た11時43分。

最後にいきんだ時、どぅるんっと出てくる感覚とともに

ついに赤ちゃん誕生!!

 

すぐに大きな泣き声をあげてくれました。

 

 

赤ちゃんは胎脂をふいてもらって

すぐに身体測定。

 

 

体重はまさかの3682g

身長はまさかまさかの54cm

助産師が「54cm?!信じられない!」と何度も身長を計りなおしていました。

 

胎盤が出たよ~っと言われたのはこのあたりだったかな?

(忘れました。)

 

先生はそのまま会陰切開の縫合など、産後の処置。

3,40分は処置してたと思います。

赤ちゃんは肌着と帽子をきれいに着せてもらって

既にスヤスヤモード。

分娩台の隣にコット(プラスチックケースみたいなやつ)を並べてもらい

処置の間ずっと見てました。

 

縫合が終わると「1時間くらいこのまま体を休ませます」と言われ、

赤ちゃんは新生児室へ。

誰もいない分娩室でぐっすり寝て、14時前に起こされました。

 

自分のベッドまでは20mくらいだけど車いすが用意されてます。

身体も頭もすっきりして、自分で歩けそう!とも思ったけど

分娩台を降りるとサーーっと血の気が引く感じ。

そりゃたくさん出血したらそうなるわな。

 

ベッドに戻ると義母も母もすでに到着していました。

昼ご飯食べてないな~と旦那に聞いたら

「担々麺が出たから食べたよ」と!!!!!!!!!

私の担々麺!!!!

産後はいろいろなことを根に持つというけど

この担々麺の恨みはきっと忘れません。(どうせ麺伸びてたけど…

 

 

 

母子手帳の記録は以下の通り。

分娩時間:10時間46分

分娩経過:微弱陣痛のため促進

出血量:中量(426ml)

 

分娩時間は、陣痛が若干強まった午前1時頃からカウントされました。

入院初日の5~15分間隔の微弱陣痛はノーカウントです。

 

そんなに早くはないけど初産にしては安産の部類だと思います。 

 

 

こんな感じで出産が終わりました。

次回は全体の感想をまとめます。